4月病、5月病にご注意!

2019年04月1日

正式名称ではありませんが、この時期になると多くなる疾患の総称です。代表的なものとしては感染症やメンタル(精神的)疾患が上げられます。

感染症の中でも子供さんに注意したいのが「溶連菌感染症」で、高熱とのどの痛み、イチゴのような赤い舌が特徴です。

ほとんどの場合、お薬を飲み始めてから1~2日で熱が下がり、発疹やのどの痛みも次第に治まりますが、集団生活の中でもらう機会が多くなりますので、帰宅時の手洗いやうがいは引き続き継続しましょう。

また、はしか(麻疹)や風疹、水痘(水ぼうそう)等の感染の心配の場合は予防接種で対応可能です。接種状況を確認しておきましょう。

変化の多い季節はメンタル(精神)の乱れにも注意が必要です。体力づくりや十分な睡眠、自分なりのストレス解消法で乗り切ってい ただくことを願っています。

早期発見・予防のために検査を受けましょう。 院長先生に相談しよう!毎週 月・火・木・金
13:30~14:00
健康づくりのイベント開催 相馬ふれあい倶楽部どなたでも参加していただける倶楽部(クラブ)です。みんなで健康の輪を広げましょう!

サイトマップ