RSウイルスにご注意!

2017年10月4日

例年寒さと共にやってくるのが各種の感染症ですが、その原因となるウイルスは実に数百種にも及ぶといわれています。インフルエンザやノロウイルス以上に要注意といわれるのがRSウイルス。特に乳幼児が最も感染しやすいことが確認されています。
厄介と言われる理由は、
①非常に感染力が強いこと。
②感染すると肺炎になりやすく、特に高齢者の肺炎はリスクが高いこと。
③ワクチンや治療薬が開発途上であること。などです。
いずれにしてもウイルスに対する最大の対策は予防にあります。
言い尽くされていることですが、
①手洗い ②うがい ③マスク着用 
は最も手軽な予防法であることを再認識しましょう。

早期発見・予防のために検査を受けましょう。 院長先生に相談しよう!毎週 月・火・木・金
13:30~14:00
健康づくりのイベント開催 相馬ふれあい倶楽部どなたでも参加していただける倶楽部(クラブ)です。みんなで健康の輪を広げましょう!

サイトマップ