乾燥すると多くなる目の異常!

2019年01月30日

県内浜通り地域には乾燥注意報が毎日のように発表されます。インフルエンザやノロウイルスのような感染性の疾患に注意するのは当然ながら、見落とされがちなのは目の疾患です。
この地域は雪が少ない代わりに風が大変強い地域ですので、簡単に言えば<乾燥+風=ほこり>につながります。
しかし実際には乾燥することで最も心配なのは「ドライアイ」といわれる症状です。パソコンを長時間使う方に多いといわれる症状ですが、まばたきが減るために涙の蒸発が増えて目が乾きやすくなるためで、加えて冬は暖房によって乾燥に拍車がかかることになります。
目の乾燥を防ぐための方法としては加湿器などの利用を考えることが最も身近なようです。パソコンの使用も間に休憩時間を入れ、リラックスすることでも効果があがるといわれます。
いずれも下手をすると角膜障害に発展する心配もありますので、症状によっては早めに眼科医に相談しましょう。

早期発見・予防のために検査を受けましょう。 院長先生に相談しよう!毎週 月・火・木・金
13:30~14:00
健康づくりのイベント開催 相馬ふれあい倶楽部どなたでも参加していただける倶楽部(クラブ)です。みんなで健康の輪を広げましょう!

サイトマップ