• 内科
  • 小児科
  • アレルギー科

診療科目

内科

キッズルームでお子さんも退屈せずに待てます

当診療所では主に1歳児以上の幼児のかぜなどの一般診療、インフルエンザ、喘息をはじめとする呼吸器・アレルギー疾患、扁桃腺炎、溶連菌感染症、気管支炎、肺炎、マイコプラズマ感染症、気管支喘息、嘔吐・下痢症、腹痛症、便秘症他各種症状の診察と治療を行います。

お子様がこんな症状の時はご来院ください

  • 熱がでた  鼻水や咳がでる  下痢・嘔吐が続く  顔色が悪い
  • 便の色がいつもと違う(白い・赤い・黒い)  食欲がない
  • 水分がとれない  鼻血が止まらない  おねしょが続く
  • 青あざがなかなか消えない  体に発疹がでた  皮膚や白目が黄色い
  • かゆみが続いている  運動をすると咳がでてとまらない
  • 卵を食べて肌に異変があった  けいれんを起こした
  • 発達や成長に関する相談  学校検診などで異常があった

「病名がわからない」、「これ位のことで小児科に行って大丈夫かな」など悩まずに、まずはご相談ください!大切なのは親の「観察力」と「カン」です。何かおかしい・いつもと違うと感じたらまずは相談です。

お持ちいただくもの

  • 保険証・診察券・母子手帳
  • こども医療費受給資格者証
  • 普段と違っている便・おしっこ(下痢・血便・血尿等)
  • 着替え・替えオムツ・ビニール袋・タオル等を持っていると、
    吐いたときに安心です。
  • お気に入りのおもちゃ・絵本・哺乳瓶・水分を補給できるものを
    忘れずに。
  • 他の医療期間でもらった検査データや薬剤情報、なければその袋を持ってきてください。
  • 病気の様子を書いたメモ
    ・一番気になる症状は?  ・その症状はいつからですか?  ・その他の気になる症状は?
  • 診察しやすいように、衣類は脱ぎ着しやすいものにしてください。

おねがい

ご協力お願いいたします。
  1. 体に発疹(ボツボツ)や耳下腺(耳の下)の腫れ等のお子さんは、感染予防のため別室で待ってもらうことがあります。事前に受付に申し出ください。
  2. 特に心配な症状のとき(元気がない、ぐったりしている等)はナースまたは受付までお知らせください。順番を早めて診察する必要があるかもしれません。
  3. 待っている間の便やおしっこの時も受付までお知らせください。検査の必要があるかもしれません。おむつの場合は捨てずにとっておいてください。
  4. 診察前に飲食をさせないでください。口の中を見るときに吐いたり、食べかすで見づらい時があります。
  5. 待ち時間が長く、子供さんが騒いだりして周囲への迷惑をかけるのが心配な方は車の中でお待ち頂いても構いません。車のナンバーや携帯電話など受付にお知らせ頂ければ順番になりましたらお声掛け致します。
相談外来はこちら
早期発見・予防のために検査を受けましょう。 院長先生に相談しよう!毎週 月・火・木・金
13:30~14:00
健康づくりのイベント開催 相馬ふれあい倶楽部どなたでも参加していただける倶楽部(クラブ)です。みんなで健康の輪を広げましょう!

サイトマップ