相馬ふれあい倶楽部

座談会テーマ「認知症を考える」/2013年3月9日開催/14:00~

今月のふれあい倶楽部のテーマは「認知症」。
最近TVなどマスコミが取り上げる機会も増えたためでしょうか、あるいは私達にとって身近なテーマだからでしょうか、ふれあいサロンは20名の参加者の皆さんで一杯となりました。
小冊子をもとに、講師の金田院長のやさしい解説が、笑いと和やかな雰囲気を醸していました。  超高齢社会に入って、「認知症」は誰もが可能性を抱えている問題です。
認知症の予防は日常生活の積み重ねが大切であると同時に、気付くのが早ければ対策としての治療も選択肢が増えているそうです。
そのためにも家族など身近な方のフォローがとても大切であることを感じさせられました。 今後もこうした講習会で皆さんと一緒に楽しく勉強することで、病気の予防や対策についての知識をつけていきたいと思います。

相馬ふれあい倶楽部事務局

認知症を考える 家族など身近な方のフォローがとても大切
早期発見・予防のために検査を受けましょう。 院長先生に相談しよう!毎週 月・火・木・金
13:30~14:00
健康づくりのイベント開催 相馬ふれあい倶楽部どなたでも参加していただける倶楽部(クラブ)です。みんなで健康の輪を広げましょう!

サイトマップ