Skip to content
news-95

毎年2月1日からの1週間は生活習慣病予防週間。2月17日~23日がアレルギー週間で真ん中の20日がアレルギーの日と日本記念日協会に登録されています。

生活習慣病予防週間は、1年で最も寒くなる時期の注意を促す意味があるようですが、アレルギーの日はアレルギー体質の素因となる免疫グロブリンE(IgE抗体)が発見され、その論文が発表された日だそうです。

アレルギーも生活習慣病の1つですが、特に要注意なのが今年の花粉症で、報道によれば関東地区は例年の3倍以上と予測されるようです。早めの対策を心がけましょう。

いずれの病気も薬だけでは治りにくいものです。しかも時間とともに積み重なってくるという厄介さを伴っています。
長年の習慣は変えづらいものですが、かかりつけ医がいくら注意を促しても容易に改善しないという理由がここにあります。
そのような方は、まずはカレンダーに倣ってご自分の身体を再チェックすることから行動してみてはいかがでしょうか。

Scroll To Top