Skip to content

大人の病気は、痛みの場所や状態等の症状が言葉で伝わり、必要に応じてそれぞれ専門の医師が対処することが可能ですが、子供さんが小さければそうはいきません。したがって小児科の医師は大人の患者さんを診るよりもさらに幅の広いたくさ…

続きを読む
Scroll To Top