Skip to content
news-50

大人の病気は、痛みの場所や状態等の症状が言葉で伝わり、必要に応じてそれぞれ専門の医師が対処することが可能ですが、子供さんが小さければそうはいきません。したがって小児科の医師は大人の患者さんを診るよりもさらに幅の広いたくさんの知識や経験が求められることになります。

小さな子供さんの罹りやすい病気に「溶連菌感染症」があります。
子供は、生後の一定期間を過ぎると抵抗力が落ち、更には行動範囲が広がることで感染症にかかりやすい状況になります。「のどが痛い」というような時は、風邪に関係するウイルスや細菌が浮かびますが、代表的なものが「溶連菌」なのです。まずはかかりつけの小児科医に相談するよう心がけてください。

Scroll To Top