Skip to content
news-94

新年を迎えるに当たり、今年こそは良い年であますようにと願うのは誰しも同じ気持ちではないでしょうか。
でも願いを確かなものにするのは自分しかいないことは言うまでもありません。特に健康に関してはなおさらでしょう。

ガンや心臓病、脳卒中といった死因の大半を占める疾病は生活習慣病と呼ばれますが、この名称が使われ始まったのは平成に入ってからのことです(平成8年頃)。
それまでは成人病と呼ばれ、40~60歳くらいの働き盛りに増加する疾病だったのです。

様々な分野からの研究の結果、要因としては①食生活②運動習慣③休養習慣④喫煙⑤飲酒などが大きく影響していることが判明し、呼び方が改められました。
成人病という呼称も昭和30年代に使われ始めますが、その前は老人病(老年病)が一般的な呼び方でした

すべては加齢に伴う疾患ですが、結論は、悪い習慣を改めない限り健康は取り戻せないということに尽きるようです。

一度に全部を変えるのは容易ではありませんから、まずはできることから始めてみませんか?それは今からです。

Scroll To Top