Skip to content
news-52

アレルギーというのは基本的に、細胞を破壊して炎症を起こし、生体にダメージを与えるものと解釈されています。
その発生メカニズムにより1型~4型の分類がありますが、一般的にアレルギーと呼ぶ場合、多くは1型を差します。
主な疾患としては花粉症や喘息、じん麻疹・アトピー・アナフィラキシーなどが挙げられます。
この1型のように抗体が関与するアレルギーは「即時型」と言われ、短時間に発症するのに対し、細胞が関与するのは「遅延型」と言われ、少し時間をおいて発症するもので、2型、3型、4型がこれにあたります。
食事アレルギーなど、重症で命にかかわることもあります。
詳細が気になる方は検査などについても医師にご相談ください。

Scroll To Top