Skip to content
news-82

新型コロナウイルスが世界中に広がりを見せ、亡くなる方も日々増加しています。
国内においても感染拡大は衰えることなく危機感も高まっていますが、同時に人間関係のギクシャク感が表面化してきております。

先日の報道では、県内の大学職員の感染がきっかけとなり、同じ職場の同僚やその家族の子どもに対するいじめや嫌がらせに発展したようです。

相馬市内にも感染者がいるというような噂を流す人もおります。たぶんどこの地域でも起こっている現象なのでしょうが、デマほど人の心を傷つけるおろかな行為はないでしょう。
特にインターネットによる無責任な広がりは犯罪行為とさえいえるものです。

福島県民は原発事故の際に、福島ナンバーを付けているだけで根拠のない嫌がらせを受けた経験を忘れてはいないでしょう。

新型コロナも同じです。ウイルス感染である以上いずれ収束しますが、危機感を忘れることなく、根拠のない噂に惑わされず、冷静な対応を心掛けたいものです。

Scroll To Top