Skip to content
news-85

新型コロナウイルスの感染は、落ち着きは見えつつもまだまだ継続中であることを忘れてはなりません。
一方、感染を恐れるあまりに家にこもってしまい、持病の治療が怠りがちになっている方も大分見受けられます。

医療機関には不特定多数の患者さんがお見えになりますので、感染の危険度も高いと思われることは承知のことですが、どこの医療機関も必要以上に細心の注意を払っていることは間違いありません。

心配が度を過ぎてしまうことで病気の管理を後回しにしてしまうことは本末転倒ともなりかねませんので、お心当たりの方は是非かかりつけ医に相談をしましょう。
このような状況下での外出が心配だという場合は、電話相談・電話診療(今回の特例)という方法もありますので、当院まで電話でお問合せ下さい。

また、外出時のマスク着用や帰宅後の手洗いなど、必要な処置を引き続き継続することは明らかに予防に繋がります。
感染対策と持病治療はどちらも必要な行為であることを確認しましょう!

Scroll To Top