Skip to content
news-96

新型コロナウイルス「COVID19」のワクチン接種がまもなく開始されますが、マスコミが実施するアンケート調査によれば、接種をためらっている人が半数近くもいるようです。この背景にあるのは実施後の副反応、副作用に対する不安感ではないでしょうか。

<副反応>とは、ワクチンの接種によって起こる免疫を付与すること以外の反応のことで、例えば局所の赤み、発熱、腫れなどで、ワクチンによる化学的な反応ではありません。ただ、接種者の免疫によって起こることから、予想外の反応の可能性は常に考えられます。

一方<副作用>は、医薬品を使用したときに起こる望ましくない作用のことで、例えば風邪薬で「眠くなる」ような状態をいいます。
今回のケースにおける副反応を見ると、一部に腫れや発熱はみられるものの、アナフィラキシー症状などの報告はまだないようです。

いずれにしても自分の体のことです。接種に当たっては体質や健康状態をできるだけ正確に医師に伝えることで、自身の不安材料を少なくしておきたいですね。

Scroll To Top