Skip to content

新型コロナ「COVID19」の勢いが衰えません(8月末現在)。
経済活動も不安定な中でまもなく台風シーズンもやってきます。

この地域だけではなく国全体、世界全体が疲弊している状況ですが、このような中でこそ新しい考えや行動が多数出てきています。
これからは今までのスタイルとは全く違った生活様式が必要になる可能性が感じられてなりません。

たとえば仕事の形態の変化による都市集中型から地方分散型への転換が起こり始めています。購買方法にも大きな変化が出てきていますし、人が集まらない会議や行事もその一つかもしれません。

身近な例でいえば健康づくり、体力づくりの方法も様々生まれています。
医療界にも限定的とはいいながらも電話による診断が認められる時代です。大きな変化の波が押し寄せているということなのでしょう。

言い方を変えれば〈生活の選択肢が広がる〉ということですが、変化についていくということはそう簡単ではありません。
習慣化するためには情報を選択して、毎日の生活に新たな工夫を取り入れる訓練が必要です。頭と体の健康を保つために是非行動を。

Scroll To Top