Skip to content
news-47

近年、睡眠に不安を感じる方が増加しています。
原因は様々ですが、中でも「睡眠時無呼吸症候群」と呼ばれる症状は大きないびきが特徴です。
気道が狭くなるためで、酸素不足によって身体に様々な障害が現れます。
日中の眠気や倦怠感から集中力が低下し、事故や周囲とのトラブルなどに発展する恐れもあります。
また、高血圧や不整脈、脳卒中や糖尿病、心不全といった生活習慣病との関係も心配されます。
睡眠時無呼吸症候群はすでに治療法が確立されていますので、正しい治療を受けることで普通に生活することができます。
不安をお持ちの方は是非検査を受けましょう。
検査は、睡眠中の身体を総合的に診るもので、身体に各種のセンサーを取り付けますが痛みを伴うものではありません。
詳細はかかりつけ医にご相談を。

Scroll To Top